江津湖 外来種の再放流禁止について

7/12の熊日新聞でも取り上げられていましたが江津湖一帯でブラックバスの再放流(リリース)を禁止する条例の素案をまとめたとあり、2015年4月の施行を目指しているとのことです



f0290153_101879.jpg




以前から話を耳にして来ましたが遂にここまで来たかといった感じです





この条例について7/19(土)までにパブリックコメントが募られます




詳しくはこちらをご参照下さい




http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=5629&class_set_id=2&class_id=120




このブログの知識があまり無いためリンクの貼り方が分からないので直接ページへジャンプ出来ませんが、アングラーの皆さんにぜひ読んで頂きコメントをお願い出来ればと思い記事にしました




いつも遊ばせてもらっている江津湖がこの様なことで取りだたされているのは胸が痛いのですが、なんとかこの条例の施行を取りやめて頂けないかと思います






数年前に琵琶湖でリリース禁止が決まった後からバスフィッシング業界の縮小は明らかに感じ取れました




それと同じことが熊本でも起きようとしています。




もしこの条例がまかり通れば前例が出来たとし他のフィールドにもリリース禁止の波が押し寄せるのは目に見えています





熊本のバスフィッシングシーンは帰路に立たされていると言っても過言ではありません






ですのでもしよかったら皆さんの声を市へ届けていただけませんか?



熊本のバス釣りに関する団体の方々も今回の件で色々な声明を出されていますので検索して読んでいただければと思います





ただこちらの意見を一方的に押し付けるのも心象が悪いのであくまでも状況を客観視し中立的な立場でコメントして頂けたらと思います






よろしくお願いします
[PR]
by shinya_0802 | 2014-07-14 09:38 | バスフィッシング | Comments(1)
Commented by (・∀・) at 2014-08-06 23:48 x
明らかにあなた個人の気持ちですよね、この記事は。
ほんとバサーってやだ。
外来生物を少しでも駆除して本来の生態系に戻すのは至極当然ではないでしょうか。
<< 7/14 雨の中の氷川ダム釣行 フェザーフックチューン >>